HOME > システムの特長 > レイアウト機能

レイアウト機能

視聴者・主催者側の必要に応じてレイアウトを変更

視聴者は、「レイアウト変更」ボタンを押すことにより、表示レイアウトを4種類から選択できます。
また主催者側で参加者のレイアウト表示を制御できるため、規格内容に応じた効果的なスタイルで試聴してもらうことも可能です。

レイアウト切替

レイアウト1:資料×講師映像  レイアウト2:資料のみ  レイアウト3:講師映像のみ  レイアウト4:講師映像×資料